コミュニティハウス完成!

ついについに、歌津中学校資料館前に、部室兼休憩所スペースとして使っていただくUtatsu Community House(仮称)が完成しました!

2週間前には、不可能に思えた建設も、歌津中学校の皆様、地域の方々(特に、夜遅くまでお手伝いいただいた、お風呂やの小林さん、大工&剣道部コーチ&花火師!の佐藤さん、もう一人の大工の佐藤さん)、京都の大工さん、そしてご支援いただいた、たくさんの方々のおかげで、なんとか30日の歌津中学校の盆踊り会の日に完成させることができました(涙)。

【ビデオ】Community Houseができるまで。

完成した建物は、木のぬくもりが感じられる、気持ちのいいスペースに。

This slideshow requires JavaScript.

これからも、復興に向けて強く前進し続ける、歌津中学校・伊里前・歌津・南三陸町の皆様によって、その時々のニーズや環境に応じてどんどんと必要なスペース・素敵なスペースへと変化させていっていただけることを、心から願っています。

7/3 お茶っこ @ 歌津中学校

今週末、再び歌津中学校にお邪魔させていただきました。日曜日には、校長先生のご好意で、急遽、校庭の一角にテントをはり、「お茶っこ」を開催。

一日限りの仮設テントを設置。

テントを張るために、木の中に消えたクリス。

先週まで、しばらく神戸でプロジェクトのアイディアを練ったり、京都で木造建築を学んだりしていたので、久々に地元の皆さんと一緒に過ごせる時間は、本当に新鮮で、貴重で、やる気をすっかり充電させていただきました。

かき氷を食べながら、地元の大工さんと一緒に木の組み方を考えたり、剣道部やバスケ部の青年達の部活への熱意を聞いたり、おばあちゃんのお孫さんへの思いを伺ったり、子供達とブロックを積み上げながら遊んだり。時には津波のことや、その後の生活のことについても、本当に貴重なお話を聞かせていただきました。

歌津中剣道部とニーナの英語教室!

子供たちが木のブロックを積み重ねると、あっという間に新しい空間のできあがり。

突然海外から来た、ちょっと怪しい私たちを、こんなに暖かく迎えてくださる歌津の方々の優しさに、心動かされた一日でした。

Text & Photo: Shoko Takemoto